So-net無料ブログ作成
検索選択

コクリコ坂から あらすじ 原作 ネタバレ 動画 [映画]

コクリコ坂から あらすじ 原作 ネタバレ 動画を
ご紹介します。


コクリコ坂からの舞台は、
1963年の横浜。


主人公は、16歳の少女、海(長澤まさみ)です。
彼女は、コクリコ荘という坂の上の
古めかしい屋敷に住んでいます。


コクリコ荘は、下宿屋を営んでいます。
そこで暮らしているのは、
海の祖母・花(竹下景子)、妹の空、弟の陸、
研修医の北斗(石田ゆり子)、画家の卵・広小路(柊瑠美)、
その他の下宿人たちです。


海の母、良子(風吹ジュン)は留学中で、
父・沢村雄一郎は亡くなったため、
海が食事などのコクリコ荘の家事をこなしています。


ある日、海は、学校で風間俊(岡田准一)という先輩と
出会います。


風間は、新聞部の部長で、
学校側が取り壊そうとしている
文科系の部が集まるカルチェラタンという建物を
存続させようと奔走していました。


海と風間は、次第に惹かれあっていきます。


そんな中、カルチェラタンの取り壊しについての
学生の討論集会が開かれ、
海も参加します。


海は、風間と彼の親友の生徒会長水沼(風間俊介)の熱意に心をうたれ、
カルチェラタンをきれいにすれば、
学校側も取り壊しを考え直すのではと提案します。


海は、このことをコクリコ荘の下宿人で
同じ学校の卒業生の北斗に話ます。


北斗は、自分がコクリコ荘を旅立つ送別会に
同級生を招待します。
そこに、風間と水沼も招待することになりました。


送別会の日、海は一枚の写真を風間に見せます。
風間は、その写真を見て心を曇らせます。


同じ写真を風間も持っていたのでした。
風間は、父明雄(大森南朋)は、
海の父の沢村雄一郎と親友で、
沢村から生まれたばかりの赤ん坊を
ひきとってそだててきたのでした。


風間は、自分と海が実の兄妹ではないかと思い悩みます。



金曜ロードSHOW! 「コクリコ坂から」は、
日本テレビ系で、
2013年1月11日(金) 21時00分~22時54分 の放送です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。