So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

鵬翔高校サッカー部 メンバー 2013 [スポーツ]

鵬翔高校サッカー部 メンバー 2013を
ご紹介します。

名前、ポジション、前所属です。

浅田卓人 GK セントラルFC宮崎

重久颯斗 GK 高城中

柏田崇走 DF 本庄中

原田駿哉 DF セントラルFC宮崎

矢野大樹 DF セントラルFC宮崎

日高献盛 DF セントラルFC宮崎

芳川隼登 DF セントラルFC宮崎

小川凌 DF 住の江キッズFC JY

竹下優介 DF 東海中

河野貴志 DF 都農中

内山豪大 DF 前原東中

東聖二 MF 山田中

小原裕哉 MF 西中

川崎晧章 MF ヴィラル木花SC JY

松永英崇 MF 宮崎中

中濱健太 MF ディアブロッサ高田FC U-15

内倉蓮 MF セントラルFC宮崎

菊池司 MF 東海中

林田袈裟生 MF フォルトゥナ延岡FC

山下浩也 MF 志和池中

澤中拓也 FW 摂津三中

北村知也 FW セントラルFC宮崎

高妻賢太朗 FW セントラルFC宮崎

宇田津力斗 FW 唐瀬原中

坂下恭平 FW 志和池中


鵬翔高校サッカー部 メンバー 2013
の特徴は、関東や関西の高校に比べると
Jリーグ下部組織出身者の構成比率が少ないということですね。
中学に所属していた選手も多いです。
これは、大都市圏と比べると
Jリーグ下部組織が少ないという
地域性が影響しているのでしょう。


そんな中で、鵬翔高校が決勝まで勝ち残ったのは、
驚きですね。
鵬翔高校は、プロも注目するエースの濱中健太を
擁していますが、
彼は今大会、けがのため短時間しか
出場できません。
それでも鵬翔が決勝進出を果たしたのは、
チームのまとまりが素晴らしいからでしょう。
イレブンが、一つの頭脳として、
機能しているようです。


京都橘との決勝が楽しみですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

全日本実業団駅伝2013エントリー ニューイヤー駅伝 優勝候補 [スポーツ]

全日本実業団駅伝2013(ニューイヤー駅伝)エントリーチーム

ニューイヤー駅伝.jpg

東日本
コニカミノルタ

日清食品グループ

Honda

JR東日本

カネボウ

富士通

SUBARU

日立物流グループ

小森コーポレーション

八千代工業

プレス工業

自衛隊体育学校


中部
トヨタ紡織

トヨタ自動車

愛知製鋼

NTN

愛三工業

中央発條

トーエネック


北陸
YKK

重川材木店


関西
佐川急便

四国電力

大塚製薬

山陽特殊製鋼

NTT西日本


中国
中国電力

マツダ

JFEスチール

中電工


九州
旭化成

安川電機

トヨタ自動車九州

九電工

三菱重工長崎

黒崎播磨

西鉄


全日本実業団駅伝2013(ニューイヤー駅伝)優勝候補

2012年は、日清食品グループが、
2位のコニカミノルタに1分20秒の大差をつけ、
2度目の優勝をはたしました。


前評判では、今年も日清食品グループが、
優勝候補筆頭といわれています。


しかし、東日本予選では、コニカミノルタが
日清食品グループを僅差でやぶりました。
コニカミノルタも優勝を狙う力があります。


2年前の王者トヨタ自動車は、
エース宮脇の欠場で中部大会2位でしたが、
宮脇の復調次第では上位を狙えます。


旭化成は、福岡国際マラソン2位のエース堀端を擁します。
九州大会も完勝で、今大会も優勝を狙っています。


もうひとつの注目が、去年までの箱根駅伝の山の神
柏原竜二です。
彼は、今年、東洋大から富士通にすすみました。
彼の走りも注目ですね。

柏原竜二.jpg

今年は、なにかと見どころの多い大会になりそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

箱根駅伝 2013 予想 [スポーツ]

箱根駅伝 2013 予想をご紹介します。


第89回東京箱根間往復大学駅伝競走は、
2013年1月2日、3日に開催されます。


去年は、「山の神」と呼ばれた
東洋大・柏原竜二(現富士通)の存在で、
東洋大が圧倒的な強さをみせて優勝しました。
柏原ひとりで、箱根駅伝の歴史を変えましたね。
彼の走る5区で優勝が決定したといっても、
過言ではありません。


その柏原の卒業で、
2013年の箱根駅伝は、
昨年までと様相が違ってくるはずです。


柏原が登場する前の箱根駅伝は、
2区がエース区間で、
勝負の分かれ目にもなっていました。


それが、柏原の登場によって、
5区が勝負の分かれ目に変わったんですね。


柏原の卒業によって、
各校が2区、5区どちらに
力をいれてくるのかが
2013 箱根駅伝の見どころになると予想されます。


今年の大学駅伝は、2強の争いと言われています。
連覇を狙う東洋大と
11月の全日本大学駅伝を制した駒澤大です。


しかし、専門家の見方によると、
選手個々の力量から
圧倒的に駒澤大の力が上だということです。


駒澤大の選手の上位10人の1万メートルの平均タイムは、
28分31秒と非常に高レベルです。


このタイムからみても、
駒澤大が通常の力を出し切れば
優勝は堅いという意見が大半をしめています。


駒澤大のエースは、3年生の
窪田忍で、来年3月には、
びわこ毎日マラソンで
マラソンデビューする予定です。
マラソンに標準をおいた練習をしているということで、
窪田は、かなり強いでしょうね。


駒澤の対抗とみられる東洋大については、
やはり柏原の抜けた穴が大きいというみかたが強いようです。


東洋大については、双子のエース設楽啓太・悠太のできが、
連覇への鍵をにぎると思います。


駒澤、東洋両校以外の台風の目になりそうなのが、
明治大学と青山学院大学ですね。
両校とも最近、高校陸上界の逸材を
多数スカウトすることに成功しています。


青山学院大は、10月の出雲駅伝を制したという
実績もありますね。


さらに見逃せないのが早稲田大学ですね。
エースの大迫傑は、出場選手中ただひとり、
1万メートル27分台の記録を持っています。
ただ10人の安定感では、駒澤、東洋に
劣るといわれています。
しかし、箱根では何がおこるかわかりません。
早稲田にもチャンスはあるでしょう。

箱根駅伝 2013は、
1月2日午前8時、東京・大手町をスタートします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

全日本フィギュア 2012 女子 結果 浅田真央 優勝 [スポーツ]

全日本フィギュア 2012の女子フリーは、
12月23日、
札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われました。

浅田真央.jpg

SP2位の浅田真央が、
フリー130.75点、総合193.56点で
2年連続6回目の優勝をかざりました。


浅田は、演技開始直後のトリプルループを決め、
ダブルアクセル-トリプルトゥループにも成功しました。
つづく、トリプルフリップは両足着氷。
トリプルルッツ成功。
中盤のトリプルサルコウ、トリプルループからの
3連続ジャンプ成功。
最後のトリプルフリップでバランスを崩し2回転。
今日の浅田は、最後のフリップが
不完全でしたが何とか演技をまとめたという感じでした。
浅田本人も納得はいっていないはずです。


注目されたトリプルアクセルは、
今回も封印しました。
今は結果を残すことが大事なんだと思います。


SP首位の鈴木明子は、
ジャンプの失敗が重なり4位に終わりました。


全日本フィギュア 2012 女子 結果
1位 浅田真央 中京大 193.56
2位 村上佳菜子 中京大中京高 183.67
3位 宮原知子 関大中・高スケート部 180.55
4位 鈴木明子 邦和スポーツランド 180.03
5位 本郷理華 愛知みずほ大瑞穂高 172.43
6位 加藤利緒菜 関西スケーティングC 167.62
7位 西野友毬 明大 162.63


この結果から、
浅田真央の世界選手権代表は決定でしょうが、
他の代表がどうなるのか注目が集まります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。